他人を気にしない方法6選

未分類

日本で生まれ育った僕は25歳で単身ニューヨークへ留学して、

その後、10年間アメリカで暮らしました。

その中で一番衝撃うぃ受けたことの一つが、

アメリカ人のほとんどが

「周りを気にせずに人生を謳歌している」ということでした。

日本だったら、みんなにびっくりされてしまうような体型の人や、

みんなから仲間はづれにされてしまいそうな、日本でいう『痛い人』が

キラキラ輝いて、毎日楽しそうに、とっても前向きに生きていることに驚きました。

なんでそんなに堂々としているんだろう?なんで、何も恐れないで発言できるのだろう?と。

同時に自分の母国日本のことをを考えました。

なぜ、日本人はあんなに周りを気にして、人と同じことをしていないと不安になってうのだろう?

10年間アメリカで生活して、アメリカ人の奥さんと結婚した僕が気づいたことの中で、

アメリカ人と日本人の生き方や行動、価値観、そして考え方の中で、

ぼくらが前向きに、自由に、周りの目なんか気にせず生きれるヒントになることが隠されているかもしません。

目に見えないものを信じている。

アメリカ人の大多数は何らかの宗教を勉強しています。僕の奥さんも聖書を長い間、勉強してしていたと言います。アメリカで英語を勉強していた時も世界から集まってきている留学生とのコンバセーションのクラスで宗教の話になる時があります。日本人の大半は宗教を勉強するという価値観がありません。仏壇がある家でクリスマスににはイエスの誕生会を祝ったりしています。僕は無宗教なのですが、ヒンズー教の友達に「ゆーへい、君の宗教はないんだい?」と聞かれた時に、当然のような顔で「無宗教だけど。」というと、ドン引きした顔で、「え?じゃあ何を信じてるの?」と聞かれて、返事に困ってしまった時があります。目に見えない神様と繋がっているという認識、また、宗教によって異なると思いますが、みんな神の創作物、または神が父と思っているので、その神の作品の私はそれだけで完璧なはずと思っている人が僕の周りには多かったです。それらの理由から、他の人のことをジャッジすることもありません。形や色が違っていても、それもそれで神の創作物と考えているのかもしれません。しかし、日本で一番気にしなくてはいけないのは、神ではなく、世間の目です。世間でとう思われるか。物事を他人にどう思われるかで決めることが多いですよね。こんなことしたら、周りにどう思われるかな?そんなことばかり気にして人とちょっとでも違うことをすること自体が怖くなってしまっています。そして目に見えないことを信じる人の強みは未来を信じてることです。前向きにひたむきに行動すれば良い未来になると信じれる力を持っているか、もっていないかはとても大きな違いだと思います。僕らが今持っている価値観や自信や感情は全て過去の経験で作り出させています。目に見えないものを信じ前向きに行動して結果をだしてきている人は近い未来も良い結果が出ると信じれます。しかし、過去にネガティブな感情で失敗ばかり、失敗から学ばないで他人のせいにしている人は次の未来に起こる出来事が良い結果だと自然と思えることはもはや不可能でしょう。これらのことから、目に見えないものを信じれる力とはあなたの近い未来の素敵な現実を作る上で欠かせないスキルだと言えます。

自分らしく生きることが、自分の権利だと知っている

アメリカ人は常に、『これが私の権利だわ!」みたいなことを言っています。私の権利だから、誰にも止めることはできないというフレーズを多用しています。だからかが自分の権利を侵害しようとした瞬間に即で戦闘モードに入ります。日本人みたく、まあまあとは言いません。知らんぷりしたりもしません。真っ向から侵害について講義します。しかし、僕たちの国、日本ではどうでしょうか?みんな、ことなかれ主義で自分の権利が侵害されていても、まあ、しょうがないみたいな顔をしています。自分の権利を侵害されても知らんぷりをしている人が危険なのは、そういう人たちが逆に他人の権利も平気で侵害してきます。

人をジャッジしない。

だから自分もジャッジされない。Don’t Judge Meというフレーズをアメリカにいるとよく聞きます。責めないで!決めつけないで!または物差しで測らないで!的なニュアンスで使われています。私は決めつけられたくない!って思ってる人がアメリカでは多いです。型にはまることが大っ嫌いな人たちです。型にはめてこようとする人には全力で抵抗して拒絶します。他人に自分を判断されたくないひとは、他人のことを逆に判断するでしょうか?いいえ、彼らは自分が型にはめられるのが大っ嫌いなので、同じく他人を型にはめ込もうともしません。この国ではどうでしょうか?うーん、みんなガチガチに型にはめられれることに慣れてしまっているのではないでしょうか?むしろ、型がある方が安心だ。って思っているかもしれません。人の生き方はそれぞれですし、育った環境なので、価値観はバラバラですが、この国の多くの人が生きづらさを感じているのではないでしょうか?自分たちで自分たちの首を閉めるのはやめた方がいいです。人をジャッジしない。そうすればも他人からジャッジされるのではないか?とういう恐怖に似た感情を感じなくなるのでないでしょうか?自分が浮気してるから、私のことも疑うんでしょ?っと昔付き合っていた彼女に言われたことがありますが、それと同じですね。

無ければ作っていい

アメリカのニューヨークに住んでまず一番驚いたのは、世界には色んな人種の人がいる、ということです。アメリカ人の中で黒人、白人と言われる人たちに、ヒスパニック系の人たち、アジア人、そしてインド系の人たちや、ヨーロッパ系の人たち。たくさんの色や形、スタイル、文化、宗教があって、それはそれでオッケーというところが個人的に好きです。日本では10人10色と言われていますが、結局10色しかないんです。100人でも10色の中から好きな色をお選びください。という風に感じるのが日本です。11色目の色を作ると異質なものとなってしまう危険性があります。アメリカでは、僕の色この中にないんだけど。という場合、じゃあ11色目作っちゃってください。っという感じで、自分がしたいことがない場合、自分で作り上げてもちろんいいんですよ。というニュアンスを感じます。これは日本とアメリカの学校教育でも同じようなことが違いかもしれません。

意見を言える。

僕がアメリカに行った最初の数年は語学を勉強していたのですが、そのクラスメイトたちは世界各国からみんな英語を勉強しにきている留学生たちでした。英語のクラスにはスピーキング(話す)、というクラスがあります。話す力を伸ばすクラスです。そして英語のレベルが上がってくると、カンバセーション会話,談話)というクラスになります。そして次がディベート(議論)を英語でするとうクラスになってきます。まずビックリするのはアジア人以外みんなガンガン自分の意見を言ってきます。みんな自分の話を、意見をスラスラ述べてきます。これはもしかたらごくごく平均的な日本人が見たら、引くレベルかもしれません。びっくりした僕はクラスの後にフランス人の友達に質問してみました。『カンバセーションのクラスさあ、なんでみんな、そんな熱いの??』と、そうすると彼は、涼しい顔をしてこう言いました『ん?普通じゃん』って。西洋では自分の意見を言わない人は嫌われます。僕たちの母国のように手を上げて『はい、◯◯くん。どうぞ。』と言われるのを待たないし、そもそのそういうシステムじゃありません。自分が思ったことは言っちゃっていいんです。ガンガン。その後調べたのですが、意見を言わないやつは意見のない馬鹿野郎だと思われるそうです。文化の違いって恐ろしいと思いました。僕の国では黙っていることが美徳だったりしますよね??でも、西洋の人はそんなことがないんです。だまってかっこつけて聞かれるまで待っているあなた、海外へ言ったら何も考えていない馬鹿野郎だと思われてしまうかもしれません。でも、これは日本の大人の社会でも同じです。待ってるだけはもう順番は来ません。行列に並んでいても自分の番が来る保証はないし、もし、来たとしてちょっとしかもらえいかもしれません。欲しい人はどんどん動いて取りにいきましょう。基本人生早いもの勝ちですよね。

誰かのために無理をしない

アメリカ人は日本人に比べると無理をしません。アメリカ人は正義感が強いし、人が困っていればもちろん無償で手を差し伸べるし、親身になってくれる人もとても多いですが、彼らは無理はしません。無理に誰かを助けたりしないし、それを強要もしません。日本人よりはるかに仕事時間は少ないし、サービス残業もありません。無駄な使いもしません。そんな時間があるなら、自分のため、そして家族のために使います。他人のために無理して急いだりもしません。そんなに無理して他人のために何かをやる必要は緊急事態の時以外はありません。僕はこれが本当のボランティアだと思います。日本のボランティアは名目だけで、半ば強制、もしくは、暗黙の了解で参加みたいなことが多い気がします。ボランティアとはできる人ができることをする。無理しない程度で。です。無理やり募金したり、活動に参加したり、無理してしまってはボランティアではくなってしまいます。あなたは何かのフォース(圧力)に動かされて、やっています。それは周りからの目でしょうか?みんなやってるから、わたしもやらないという思考がありますが、アメリカにはそれはありません。特に生き方に関して。

アメリカ人は他人の目より、自分の気持ち、権利を優先して生きています。僕にはアメリカ人の奥さんとの間に3人の子供がいますが、アメリカ人のいいところと日本のいいところどっちも学んで大きくなって欲しいと思っています。日本人が世界でリーダーになれない理由はこの他人を気にしない押しの部分が極端に弱いからではないかと僕は思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました