子供は読書で頭がよくなります。その理由❻

未分類

昔から沢山本を読む子供は脳の発達が早く、

理解力も高くなると言われています。

小学生の半分は一ヶ月で一冊も本を読まないというデータがあります。

インターネットが普及してますます本離れが進んでいますが、

子供と一緒に読書することは、子供にとって

どんないい影響があるのでしょうか?

●子供は読書で言葉をたくさん覚えます。

人間の頭は自分の知っている言葉の中の範囲

だけでしか、ものを考えることができないと言われています。

言葉を沢山しってる子の方が考える幅も広がるということですね。

本を沢山読んでいる人は外国語の理解も早いです。

子供は読書することで言葉を覚え、さらに思考力を高める

●読書をする子供は脳の発達が優れる。

アメリカの小児学会の声明で定期的に読む習慣は

そこの子の脳の発達を促進してすると発表しています。

小さいうちから読む癖がある子は将来考える力が高くなるとも言われています。

子供は読書することで脳がどんどん発達していく

●読書をする子供は発言も上手になる。

読んでいる子は豊富な言葉を覚えて、それを使って表現することも

上手になると言われています。今の世の中を見てて、何かを上手に発信していくということが

スタンダードになっていくことは間違いないと思います。

そんな時に読書で培った言葉と文章能力が必ず役にたちます。

子供が読書することで、発言が上手になり自信がつく!

●子供の読書は読解力をあがる。

読解力は大人になっても、仕事でも私生活でも意外と大事なスキルの一つです。

読解力とは文章の内容を正確に読み取るという意味ですね。

仕事でも学業でもメールでも説明書でも、なんでも読解力が必要になります。

子供に読書させることで、読解力が上がる!

●読む子は単純に成績が高くなる

読むことが困難な子供たちは学業に苦労することが多く、

それが欠勤や非行の問題につながります。

子供の読書は子供を非行を遠ざける

●子供の読書は感情の発達を助ける

本を読む子は感情が豊かになると言われています。

本を読んでいるとその本の主人について考えるます。

どんな気持ちなのか?そんな風に感じているか。

そういう機会を経験することで感情のパターンが増えます。

そして、実際の人間関係でも相手の感情を理解すしやすくなります。

また感情が発達することが、自分の感情をコントロールする助けになります。

子供の読書は感情を育て、他人にも優しい子供に育つ!

子供の読書は本当に効果あります。まとめ

本を読む子は頭がいい。って誰もが思ってるイメージですよね?

昔から本を読む子は優秀になると信じられていました。

小学校にあった二宮金次郎の銅像も本を読んでます。

ちなみに彼が読んでる本は「大学」という本らしい。

そして、彼は農業と経済を独自に勉強して、

600ほどの村を再生させたと言われています。

意志力の鍛え方

(調べながら感動してしまったw)

コメント

タイトルとURLをコピーしました